栄養を考えよう

おはようございます。

 

今日は栄養のお話について

 

 

栄養は私たちが中学生ぐらいの家庭科

 

の授業で簡単には習っています。

 

いわゆる三大栄養素というやつです。

 

これは、糖質、脂質、タンパク質です。

 

懐かしい・・・

 

ですが、最近ではこれにビタミン・ミネラルを含めた

 

5大栄養素が主流です。

 

 

そこで、この5大栄養素の考えを

 

今日は整理してみたいと思います。

 

私たちの体はこの5大栄養素から成り立っています。

 

わかりやすく、車に例えてみましょう。

 

 

車がそもそも走行できるのか?

 

という状態に関わるものとして、

 

車のボディ、タイヤ、ラジエーター、ガソリン、エンジンオイル

 

 

これが5大栄養素と考えていいでしょう。

 

もちろん、車には他にもライト、バンパー、ウインドウォッシャー液や、カーナビ、エアコン、音響など

 

快適さを提供するものがたくさんあります。

 

ただし、これらは、走るという事に関しては

 

直接的な影響はないので、今回は考えません。

 

これは、例えるなら、機能性栄養素になりますので、

 

後日の、ブログで述べたいと思います。

 

話を体の話に戻します。

 

私たちの体の中での、栄養素の運搬は

 

血流という川にタンパク質という船

 

 

これを浮かべて、運ばれるというイメージを持ってください。

 

川の流れを淀まないように流すのが、貧血などの対策

 

と言えますし、タンパク質の吸収が船造りと言えます。

 

そして、この船に載せるものが、栄養素ということになります。

 

つまり、事故で車のボディが気づいた。

 

転んで、骨折した。という状態では、

 

5大栄養素による改善が基本という事になります。

 

そして、日々の運転をスムーズに行えるかは、

 

ビタミン、ミネラル、脂質、糖質でタンパク質が心身を構築する事をサポートできるかにかかっています。

 

つまり、この5大栄養素は

 

日々を過ごす中では、常に供給していかないと

 

車が停まってしまう。

 

という事になります。

 

日々の栄養でこの5大栄養素をどのように

 

とって行くのか?

 

健康への鍵になりますね。

 

 


お問い合わせは

080 ー 9248 ー 3543

メールは

contact@life-osteo.jp

Lineからでも友達申請して、予約していただけます。以下のホームページ上のQRLからどうぞ。その際、友だち追加だけでは、ご登録ができません。必ず、メッセージにて、お悩みの状況などを簡単にで結構ですので、送られてください。

上高橋オステオパシー整体院

院長  平生智昭