METの復習①

おはようございます。

 

今日は、日頃から使用しているテクニックの

 

お話しです。

 

まぁ、治療家向けですので、わかりにくい事が多分にあると

 

思いますので、興味のある方だけ、読まれてください。

 

タイトルにありますようにMETの復習です。

 

METはMuscle energy techniques.の頭文字をとって

 

METと言いまして、日本語ではマッスル・エナジー・テクニック

 

と言います。

 

アメリカの(故)フレッド・ミッチェルD.O.によって考案された

 

テクニックで、直接法でありながら安全に女性にでも扱うことが出来ます。

 

加えて、脊柱のフライエットの法則を理解した上で、

 

法則に基づきながら筋の収縮を利用して

 

関節を強力に矯正する技術です。

 

このテクニックを用いるには以下の事に注意します。

 

1:患者の能動的筋収縮が必要

 

2:コントロールされた関節の位置が必要

 

3:特定方向への筋収縮が必要

 

4:術者が訴える明確な方向が必要

 

5:コントロールされた収縮強度が必要

 

1〜5、どれを見ても難しいと感じます。

 

ですが、これをクリアしていくと、高い効果が期待できます。

 

手順です。

 

①術者は関節、筋骨格系の一部を特定の位置へ保持。

 

②患者に特定の方向に術者が指定した大きさの力で収縮させるように指示。

 

③術者は反対方向の力を加えて抵抗。

 

④患者は筋収縮を3〜5秒間維持。

 

⑤術者は十分に患者をリラックスさせる

 

⑥術者は患者の関節を新しい位置に変える

 

⑦1〜6を3〜5回反復する。

 

⑧再評価して、効果を確認。

 

ここで⑦にある手順の中で、

 

3回目が一番効果が高いと言われているようです。

 

ですが、テクニックの手順を進めていく上で、

 

問題になる事項が存在します。

 

術者側の問題としては、

 

1:運動制御に対して、関節の位置を正確に制御できていない。

 

2:反対方向に力を正確に与えていない。

 

3:患者に正確な指示をしていない。(自分はここが苦手ですね)

 

4:患者が収縮をやめた後、関節を新しい位置へ動かすのが早すぎる。

=反応がきちんと生じてくるのには、

時間がかかるということを認識していないといけません。

 

さて、このテクニックには必ず、患者さんの協力が必要です。

 

従って、患者さん側の問題もあります。

 

1:収縮力が強すぎる。

これは、あるあるで、ここの制限をとるために、頑張ろう!!!

とされる方が、ほとんどでかなり強く力を皆さん、入れます。

ここで、上手く、誘導しないといけませんね。

2:誤った方向への収縮

1と同様ですが、患者さんは得意な方向があります。

同時に収縮が苦手な方向もあります。これも正確に感知して調べないと

いけませんね。

3:収縮時間が短すぎる

基本的には長い間、そちらの方向へ動かすことをしていない方へ

動かすことになるので、普段しないことなので、苦手です。

苦手な事は誰もが長くしたくはありません。

ですので、長時間は行えません。これもうまく誘導しないと。

4:筋収縮後に十分にリラックスしない。

緊張することに慣れているので、緊張します。

この辺になると、他のテクニックや物と組み合わせた方が

いいかもしれませんね。

 

以上のように抜群の効果が出る分、

 

ハードルが高いテクニックではあります。

 

(患者さんの協力が必要なので、指示が入らない方や

 

体を動かすのが苦手な方には向きません)

 

この点がこのテクニックの弱点と考えていました。

 

ですが、最近はこのテクニックにおいて、

 

この部分が利点なのでは、、、と考えています。

 

何故なら、能力開発、能力を伸ばす!!!と

 

考えた時に、苦手な事にチャレンジして、

 

できるようになっていく。

 

この考えを持ちはじめてから、METの頻度が増えました。

 

自分の体の能力が上がると当然ですが、

 

良くなった体を維持しやすいです。

 

その場だけ楽にすると考えると、他にも色んな

 

テクニックがあるのですが、、、

 

長くいい状態を保つには能力を上げる。

 

大切なことです。

 

さぁ私自身も能力を上げて、このテクニックを磨きます

 

 

 


お問い合わせ

お電話は  080 ー 9248 ー 3543

出ない場合は着信のみ、あるいは留守電にメッセージを残されてください。
必ず折り返し、お電話いたします。

メールは   contact@life-osteo.jp

Lineからでも友達申請して、予約していただけます。

ホームページ上のQRコードからどうぞ。

その際、友だち追加だけでは、ご登録ができません。

必ず、メッセージにて、お名前、お悩みの状況、希望の予約日などを簡単にで結構ですので、送られてください。

Facebookのページはこちら

https://www.facebook.com/pages/category/Medical---Health/上高橋オステオパシー整体院Life-159955524672875/

Messengerにて、お問い合わせください。

上高橋オステオパシー整体院 Life

【住 所】〒860-0061

熊本県熊本市西区上高橋1-5-16-2

【アクセス】 熊本市三和中学校近く、川沿いの道に面しています。

Google マップなどで検索されると分かりやすいです。

【 院 長  】   平生 智昭