妊婦さんの施術 腰痛・肩こり

おはようございます。

 

本日は症例紹介です。

 

女性 40代

 

出産予定日は5月中旬ごろ

 

妊娠時期が進むにつれ、

 

 

肩こり、特に腰痛が酷くなってきた

 

との事でした。

 

ここでリスクとして考えないといけないのは

 

当然ですが、

 

患者さんは妊婦さんだという事。

 

当然、うつ伏せはできません。

 

今まではマッサージを横向きになって

 

起立筋をほぐされていた。

 

との事でした。

 

当然、どんどん悪化して、現在は

 

歩く、立ち上がり、寝返りで痛むとの事です。

 

早速、検査を行います。

 

膜組織の張力バランスからチェックします。

 

すると、右手根骨に強い制限があります。

 

抑制バランステストで、見事に改善します。

 

小菱形骨が引っかかります。

 

バランス点に誘導し、リリースすると、

 

首や肩の凝りがほとんど無くなりました。

 

さらに、左の腸骨から張力を追っていくと、

 

左前距腿靭帯が引っかかります。

 

これをカウンターストレインでリリースすると

 

肩関節の可動域制限が改善しました。

 

寝返りがもう少しだけ痛みが残っています。

 

ここで、マッスルテストで反応を見ると、

 

頭頂部に制限があるようです。

 

ここを音叉で解放するように指示がありました。

 

早速、治療すると、

 

寝返りはもちろん、立ち上がり、

 

起き上がりの痛みもほぼ改善しました。

 

最後に、生活指導のアドバイスを指導して終了しました。

 

患者さんは、特に驚かれていたのが、

 

仰向けの状態で最初〜最後まで治療が終わった事でした。

 

 

しかも腰や肩、首を検査以外では触らなかったので、

 

びっくりした。

 

とおっしゃってました。

 

もちろん、妊婦さんという事と、

 

お腹のお子様の同意を得て、

 

このような方法を取ったのですが、

 

リスクが高い妊婦の方には最適を選択させて

 

 

いただきました。

 

皆さんは自分にあったでは無く、

 

今現在の自分の状況にあった施術を

 

受けることができていますか?

 

できていない方は、

 


お問い合わせは

080 ー 9248 ー 3543

メールは

contact@life-osteo.jp

Lineからでも友達申請して、予約していただけます。以下のホームページ上のQRLからどうぞ。その際、友だち追加だけでは、ご登録ができません。必ず、メッセージにて、お悩みの状況などを簡単にで結構ですので、送られてください。

上高橋オステオパシー整体院

院長  平生智昭