症例紹介 右股関節が痛む症例

おはようございます。

 

今日は症例紹介です。

 

症例 保育士、50代女性

 

痛みが股関節にあり

 

安静時痛 立位 + 背臥位 +

 

運動時痛

立ち上がり +

寝返り +

起き上がり +

歩行事痛 +

 

2日前に跨ぎ動作を行った時に受傷。

 

すぐに整骨院に行き、カイロプラクティックを受けた。

 

翌日にはだいぶ動けるようになったので、

 

買い物に行った。すると、翌々日には痛みが

 

痛めた状態にまで戻った。

 

その状態で当院を受診。立ち上がりや歩行が跛行をきたし、

 

明らかに痛そうです。

 

ベッドに寝てもらっても、膝を立てておかないと

 

痛みが消えないとのこと。

 

早速構造の確認から行いますが、なんと、脚長差があります。

 

カイロプラクティックを受けたとのことでしたが、、、

 

翌日には1度痛みが引いていることを考えると、

 

カイロ自体の治療はうまく行っていた可能性が高いです。

 

と言う事は、翌日に相当な無理をしたか、

 

矯正した状態を維持するだけの機能が体に無かったか?

 

と言う考察に行き着きました。

 

実際に、腎臓系への廃液、左のリンパ管付近の緊張が異常に高い。

 

加えて、胸椎の硬さが残っている。

 

ただし、胸椎に関しては、しっかりとアジャストを受けたとのこと。

 

うーん。さらに診ていきます。

 

すると、頭蓋が硬い。そして、重い!!!

 

 

早速、原因を探るため、緊張をおいます。

 

すると、右の眼窩に行きつきます。

 

早速、そこから施術を始めると、

 

左のリンパ管の廃液が再開されたのを感じます。

 

すると、背臥位で、膝が伸ばせるようにまで痛みがひきました。

 

ただ、次は右股関節の動作事痛がまだ強く残っています。

 

さらに緊張を追っていくと、なんと、左股関節に

 

引っ張られます。なんで?

 

と思いつつも、左の股関節を施術。

 

すると、正常可動域を他動的には動かせるようになりました。

 

ですが、まだ、自動運動が痛い様子。

 

うーん。触診しますが、大腰筋や臀筋郡、大腿四頭筋の

 

緊張はありません。

 

と言う事は、うまく体が使えていないのかもしれません。

 

実際に立っていただくと、もう立ち上がりや立位では

 

痛みがありません。

 

ところが、歩き出すと、、、、

 

大腿四頭筋歩行になっています。そして、まだ痛みがあります。

 

これは、おそらく、臀筋に収縮が入っていません。

 

そこで!!!

 

ブリッジ動作と立位での臀筋の収縮運動を行いました。

 

すると、、、、

 

痛みが消えました。

 

立位でも股関節の伸展が出始めました。

 

動きがで始めれば、一安心ですので、

 

ここで終了します。

 

総括としては、カイロプラクティックで構造は問題ない状態には

 

なっていたのではと想像できますが、

 

筋肉の収縮の癖がまだとれていなかった点が

 

翌日の痛みにつながったのではないでしょうか?

 

事前の情報があったので、この点の修正ができたのが

 

今回はよかったです。

 

やはり、問診は時系列を追って、きちんとしないといけませんね。

 

でないと、アライメントが揃ったので、大丈夫!

 

と油断してしまいそうです。

 

さぁ、今日も油断せずに問診から始めます!!

 

 


お問い合わせは

080 ー 9248 ー 3543

メールは

contact@life-osteo.jp

Lineからでも友達申請して、予約していただけます。

ホームページ上のQRコードからどうぞ。

その際、友だち追加だけでは、ご登録ができません。

必ず、メッセージにて、お名前、お悩みの状況、希望の予約日などを簡単にで結構ですので、送られてください。

上高橋オステオパシー整体院

院長  平生智昭