考える量子論

おはようございます。

 

今日は難しい・・・とにかく難しい話です。

 

量子論のお話です。

 

 

体のことなのに、物理や化学のお話?

 

と思われる方もいるかもしれませんね。

 

ですが、細胞から先・・・

 

分子や原子、電子となって行きますので、

 

小さく考えていく事も必要です。

 

整体的とはいかないかもしれませんが、

 

自分の考えを落とし込むために、今日はブログに

 

書こうと思います。

 

まず量子について考える前に、

 

次元のお話を整理しないといけません。

 

ここで?と思われた方、私と一緒です。

 

次元というと空想的に感じるかもしれないですね。

 

まず1次元、

 

これは実は直線のことなのです。

 

真っ直ぐに進むか、戻るかの世界です。

 

続いて2次元、

 

これは、面の世界のお話です。

 

真っ直ぐだけではなく、平面を横にも移動できます。

 

つまり平面、面積を求めるたて×よこのお話です。

 

さらに3次元、

 

もうお解りだと思いますが、

 

高さが加わります、すると、たて×よこ×高さの

 

立体のお話です。

 

ここに4次元が加わることで、

 

少しだけわかりにくくなるのですが、

 

時間の概念が加わります。

 

ドラえもんの4次元ポケットを思い出してもらうと、

 

あれは22世紀と繋がっていて、そこから道具を

 

呼び寄せる。(まぁ掴むだけなのですが・・・)

 

ポケットの中の空間の時間がずれているという事でしょう。

 

つまり、空間の中で時間が流れているという事。

 

じゃあ、5次元は?

 

ここからが、さらに難しい!!!

 

私もちゃんと考えたわけではないのですが、、、

 

5次元は、空間の中に空間がある状態?

 

最初は????

 

となりましたが、例えで納得はできました。

 

例えば、立方体の中に立方体があって、その中を

 

立方体が独自に動いている。

 

これに次元を加えていくと、その立方体は

 

実は原子などで構成された立方体が、集まり構成されている。

 

という具合に、次元が増えるごとに、構成される

 

物の大きさが小さくなって、量子に近づいていくそうです。

 

????

 

よくわかんない・・・・

 

まぁイメージは少しついた気がします。

 

これは患者さんを見る時に実は、役立ちます。

 

この人はイライラしているようです。

 

当たり障りない話題と、無難な施術で満足感を持ってもらおう!!

 

これが、3次元までの考え方でしょうか?

 

これに時間軸を加えてみると、

 

過去に遡って、何かストレスになることがありましたか?

 

実は、〜のことで悩んでいる・・・・

 

となると、この感情問題が関わっている臓器を

 

調べて、検査します。

 

引っかかって施術をすると、イライラが改善!!!

 

となると、深みのある施術になりますね。

 

お互いにwin-winとなりそうです!!!

 

さらに次元を上げた施術。

 

5次元になるとどうでしょうか?

 

遡って、4次元で見つけた

 

その臓器の中の空間(5次元)を施術する。

 

さらに5次元の中に他の次元の影響がないのか?

 

こう考えていくと、量子がすこく身近に感じます。

 

まだまだ難しいのですが・・・・

 

次元の考えを施術に少し、取り入れてみましょう。

 


お問い合わせは

080 ー 9248 ー 3543

メールは

contact@life-osteo.jp

Lineからでも友達申請して、予約していただけます。

ホームページ上のQRコードからどうぞ。

その際、友だち追加だけでは、ご登録ができません。

必ず、メッセージにて、お名前、お悩みの状況、希望の予約日などを簡単にで結構ですので、送られてください。

上高橋オステオパシー整体院

院長  平生智昭