師匠の症例報告

おはようございます。

 

今日は、日々、崇めている師匠のお話。

 

師匠との出会いは、もう13年ほど前になりますが、

 

そこから、勝手に師匠と崇め、セミナーに

 

行きながら、技術や考えを盗んできました。

 

今回は、師匠がブログで日々の臨床を

 

報告していて、すごくヒントになったので、

 

ここにも載せたいと思います。

 

以下、ブログからです。

 

【症例報告】

 

今回の症例は珍しいケースである。

 

0歳の乳幼児であるが、

 

生後からずっと強い便秘で何もしなければ

 

何日間も出ない。また、嘔吐を頻繁にする。

 

出産時の状況は、予定日より11日前に陣痛促進剤を使用し、

 

無痛分娩で出産。

 

回旋異常であったために、心音が下がり、

 

胎児機能不全と診断され吸収分娩で出産。

 

この出産時の状況を見ただけで、

 

慣れている方ならピンとくるものがあるだろう。

 

嘔吐も、便秘も、

 

出産時の回旋異常による迷走神経の障害が原因である。

 

頭蓋冠(解剖学的名称がないので、

 

私が勝手に名づけている所)

 

は正常であれば、

 

正常な振幅で右に回旋(左にもやや回旋)するが、

 

この場合は恐らく左に回旋しているのではないかと思い、

 

診察したら思った通りであった。

 

従って、ここを治療しただけで、

 

次の日から1日に3~4回何もしなくても

 

便が出るようになったという連絡をお母さんより受けた。

 

以上。

 

う〜ん。相変わらず、凄まじい・・・・

 

そして、的確にピンポイントで施術を

 

されている事が、文脈などから読み取れます。

 

私も日々、迷走神経はアプローチしています。

 

ですが、0歳児の迷走神経を治療できるか?

 

その前に、触診して、迷走神経の検査ができのか?

 

 

まず、成人と比べて、物自体が小さいですから、

 

難易度は成人の比ではありません。

 

おまけに、コミュニケーションがとれるか?

 

お母さんですら、何となくこの子の訴えが

 

わかる程度なのに・・・

 

子どもの施術は本当に難しいです。

 

それを、事もなげにやってしまう・・・

 

まだまだ師匠の背中は遠いですね。

 

でも、追いかけていく事で、

 

私を頼ってくれる患者さんは増えてくれています。

 

さぁ、今日も頑張って、追いかけましょう!!!

 

 


お問い合わせは

080 ー 9248 ー 3543

メールは

contact@life-osteo.jp

Lineからでも友達申請して、予約していただけます。

ホームページ上のQRコードからどうぞ。

その際、友だち追加だけでは、ご登録ができません。

必ず、メッセージにて、お名前、お悩みの状況、希望の予約日などを簡単にで結構ですので、送られてください。

上高橋オステオパシー整体院

院長  平生智昭