肩が痛いんです → 指が硬い!!

おはようございます。

 

今日は症例報告。。。

 

と言っても、特定の症例ではなく、

 

肩の痛い方々とします。

 

タイトルの通りなのですが、肩の痛みを訴える方々。

 

ほとんどの方に指に制限があります。

 

 

指が曲がらないのです。

 

もしくは、伸びきらない。

 

あるいは、手指に変形がある方が多い。

 

以前にもブログで書きましたが、

 

末端部の異常ほど、中枢部で大きな症状として

 

現れやすい。

 

この原則が間違いなく、適応されます。

 

通常は指の関節はこのように曲がります。

 

 

 

私の手ですが・・・😅

 

制限はそこまでないので、しっかりと曲がります。

 

曲げたときに、シワがよってYの字になりますね。

 

これができないと、制限がまず、あります。

 

曲がりきらないと人が最近は多いです。

 

何か、手指をたくさん使う仕事をしている

 

以前に突き指などの怪我をした。

 

などでは解決できない。

 

納得できないぐらい曲がらない人が多い。

 

何か、、、社会的、環境的な要因があるのかも・・・

 

でもきちんと構造が改善すると、

 

機能が回復して、曲がるようになります。

 

オステオパシーで言うところの

 

機能と構造は相互に関与しあう。

 

この原理が適応できます。

 

なので、指先の状況が改善すると、

 

実は指というのは体の中では、きちんと繋がりが

 

色んなところにあります。

 

従って、離れた場所でも構造が変わったと言う事は、

 

きちんんと症状にも変化をもたらすと言う事

 

ですので、肩の方にも良い変化が生じます。

 

ですが・・・・・・

 

今までは改善していた変化が最近では、

 

なかなか改善しません。

 

実は、曲がらない指が1本だけでなく、

 

重症の方は、5本全部が曲がらないと言う人も・・・

 

見つけた瞬間・・・またか・・・・・

 

となる事が最近では多い・・・

 

決してグチではありません😅

 

そして、5本全部をきれいに施術しきると、

 

ようやく、肩の症状が変化する人。

 

これは何か、予防法や自主的に関節の動きを改善する

 

手段を考えないといけないのかもしれません。

 

そこで、今、有効な自主トレーニング(ストレッチ)を

 

考案して、実践していただいています。

 

かなり、良い結果が出ていますので、新しく

 

来院された方にお渡ししていく資料として

 

作成しています。

 

お悩みの方で、気になる方は、是非、お尋ねください。

 

 


お問い合わせは

080 ー 9248 ー 3543

メールは

contact@life-osteo.jp

Lineからでも友達申請して、予約していただけます。

ホームページ上のQRコードからどうぞ。

その際、友だち追加だけでは、ご登録ができません。

必ず、メッセージにて、お名前、お悩みの状況、希望の予約日などを簡単にで結構ですので、送られてください。

上高橋オステオパシー整体院

院長  平生智昭