足の爪から

おはようございます。

 

先日に続いて、当院で取り入れている施術の一部を紹介するついでに、症例の報告もしたい。と言うことで、タイトルにある「足の爪」についてです。

 

 

正確には爪と皮膚との境目に爪母と言われる、爪が伸びてくるポイントがあるのですが、そこの部分を施術した時に面白い反応があったので、今回は報告したいと思います。

 

症例は 股関節が外側に開こうとすると痛みが出る50代の女性の方です。

 

 

普通はこんな風にあぐらをかけると思いますが、その方は、片方だけが地面から離れ過ぎて、上手くあぐらがかけていませんでした。

 

股関節、太ももの外側や、半月板を押すと圧痛があります。

 

 

 

検査で絞っていくと、なんと、爪母! しかも第4指 (足なので趾です)!!

 

早速、施術します。

 

う〜〜ん。なかなか細かい作業でしたが、なんとか動きが出たようです。

 

あぐらをかくと、かなり楽にできたようで、、、喜ばれていました。

 

今回もそうでしたが、原因となったり、症状をより強く出している原因は、中枢よりも末端にある事が多いです。

 

 

やればやるほど、そんな気がします。

 

 

ご症状でお困りの方、是非、相談ください。

 

 


お問い合わせは

080 ー 9248 ー 3543

メールは

contact@life-osteo.jp

Lineからでも友達申請して、予約していただけます。以下のホームページ上のQRLからどうぞ。その際、友だち追加だけでは、ご登録ができません。必ず、メッセージにて、お悩みの状況などを簡単にで結構ですので、送られてください。

上高橋オステオパシー整体院

院長  平生智昭