仙骨の重要性

 

おはようございます。

 

今日は仙骨についてです。

 

仙骨 マニアック過ぎて、専門の先生以外はわからないと思われる内容ですので、?????

 

となった方は、閉じてください。

 

場所としては、この写真で女性が抑えている場所です。

 

 

お尻とも腰とも表現されることが多いですが、痛みを訴える方、多いです。

 

骨にすると、骨盤を構成する、ちょうど真ん中の五角形の骨です。

 

 

ここに問題を持っている人は多く。だいたい、8割の方で毎回では無いにしろ、治療しています。

 

今日、報告したいのは、ここの異常は発見もそうですが、治療が難しいし、改善した状態を維持するのも難しいんです。

 

 

治療も、時間が決まっていますので、一番の問題でなく、生理学的な反応を出させたい時や、内臓に良い影響を出したい時などには、反射やツボを用いた施術をしています。

 

ところが、純粋な外傷や、一定方向のメカニカルストレスと呼ばれるもので、おかしくなっている時には、ここをマニピュレーションしないといけません。

 

これが、検査を含め、難しい。

 

 

最近は、よく、当たります。

 

ですが、先日いらしたいわゆる坐骨神経痛の方、検査していくと、仙骨病変(つまりは仙骨が原因っぽい)なんです。

 

あーと思いつつ、、、時間をかけて、検査していくと、

 

専門用語で、L ON Lと呼ばれる状態でした。

 

手順に沿って治療を行い、無事に解除できました。

 

 

すると、痛みから痺れまでが改善し、ほっとしました。

 

 

 

いつもは原因が患部近くには無いと言っておきながら、、、、

 

 

油断はできません。

 

ということで、その夜は仙骨の復讐をしました。

 

 

長引く症状に不安な方はぜひ、相談ください。

 

 


お問い合わせは

080 ー 9248 ー 3543

メールは

contact@life-osteo.jp

Lineからでも友達申請して、予約していただけます。以下のホームページ上のQRLからどうぞ。その際、友だち追加だけでは、ご登録ができません。必ず、メッセージにて、お悩みの状況などを簡単にで結構ですので、送られてください。

上高橋オステオパシー整体院

院長  平生智昭