ステロイド・・・考えよう

おはようございます。

 

今日は、当院に来院されている方も

 

多く使用していらっしゃったお薬についてです。

 

その代表格がステロイド剤ですね。

 

 

ステロイド剤 を、病気治療に使い続けてはいけません🧐。

 

これは基本です。

 

何故なら、

 

故・安保徹先生はこう述べています。

 

消炎鎮痛剤よりさらに 血流を止める力、

 

消炎作用 が強いのが ステロイド剤 。

 

実は、ステロイド剤の組成は

 

コレステロールと同じものらしいのです。

 

コレステロールは、血管の内側に付着し、蓄積してくると、

 

酸化コレステロールに変化し、動脈硬化の原因になります。

 

 

ただし、酸化する前の新鮮なコレステロールは、

 

ホルモンや細胞の膜をつくる材料として、欠かせない脂質です。

 

ここの部分は、普段摂取している脂質で

 

全く異なる結果となりそうなのがわかります。

 

加えて、ステロイド剤を使用し続けると、

 

体に蓄積され、酸化コレステロールに変化するのです。

 

そうなると、組織が酸化してしまい、

 

組織破壊が進行して悪化の一途をたどります。

 

また、ステロイド剤の常用は、以下の副作用が

 

あると考えられています。

 

頻脈、不安感が増す。

 

血糖値が上がり糖尿病のリスクが高まる。

 

組織破壊が進むと、体のあちこちに痛みが生じます。

(→痛み止めの目的のはずが。。。。本末転倒ですね😩)

 

そのたびに降圧剤、精神安定剤、

 

経口糖尿薬、消炎鎮痛剤が加わり、

 

投薬スパイラルから逃れられなくなります。

 

そして、一見すると悪いと思えるような

 

アレルギー反応は、抗原や汚染物質を

 

体外に排泄するために、

 

体が必要にせまられて起こしている反応です。

 

発熱、炎症、かゆみ、発疹など、

 

さまざまな不快症状が現れますが、

 

目的は血流をふやし、

 

有害物質を排泄することにあります🧐。

 

膠原病では、リンパ球とウィルスが闘い、

 

破壊された組織を修復するために、

 

炎症を「わざと」起こします🧐。

 

リンパ球による炎症反応は

 

つらい症状となって現れますが、

 

そこを通り抜けないと体の治癒反応は生じません。

 

この反応をステロイド剤で止めると、

 

慢性化し、半年、1年とステロイド剤を続けることになります。

 

そして、見過ごせないのが、

 

筋力低下です。

 

この副作用は本当に怖いです。

 

リハビリテーションで筋力の増強を行っている

 

一方で、ステロイドが処方されている。

 

目的にあっていないように感じるのですが。。。

 

少なくとも、1年以上、ステロイドが続いている方は、

 

検討した方がいいかもしれません。

 


 

お問い合わせ

お電話は  080 ー 9248 ー 3543

出ない場合は着信のみ、あるいは留守電にメッセージを残されてください。
必ず折り返し、お電話いたします。

メールは   contact@life-osteo.jp

Lineからでも友達申請して、予約していただけます。

ホームページ上のQRコードからどうぞ。

その際、友だち追加だけでは、ご登録ができません。

必ず、メッセージにて、お名前、お悩みの状況、希望の予約日などを簡単にで結構ですので、送られてください。

Facebookのページはこちら

https://www.facebook.com/pages/category/Medical---Health/上高橋オステオパシー整体院Life-159955524672875/

Messengerにて、お問い合わせください。

Instagramはこちら

https://www.instagram.com/life.seitai/

メッセージを送られて下さい。

上高橋オステオパシー整体院 Life

【住 所】〒860-0061

熊本県熊本市西区上高橋1-5-16-2

【アクセス】 熊本市三和中学校近く、川沿いの道に面しています。

Google マップなどで検索されると分かりやすいです。

【 院 長  】   平生 智昭

#熊本市 #西区 #整体

#高橋 #上高橋 #城山

#春日 #池上

#オステオパシー

#キネシオロジー

#完全予約制 #骨盤調整 #全身調整 

#コンディショニング #骨格矯正

#夜10時まで #駐車場2台完備 #筋膜

#リンパ #姿勢改善