ツボの研究進む

おはようございます。

 

今日は久しぶりに、治療の話です。

 

ここしばらくは、大学入試のため、研究がストップしていましたが、

 

 

久しぶりに、臨床で色々、試せたので、報告します。

 

ツボの重要性は当院で行う治療法にあるように、頭蓋反射テクニックを学んで、実践し始めた頃から感じていました。

 

 

押すだけ、触れるだけで、変わるのか?

 

みなさん、そう思われると思います。

 

私も、そうでした。

 

解剖学。生理学。神経内科学。いろいろ学べば学ぶほどに、、、

 

変化するんです。

 

たったそれだけで・・・と驚くような事がたくさんありました。

 

左腰のこの部分が痛いなら、ここを押すと、痛くない!!!

 

 

この程度はザラなんです。もちろん。感覚神経がそのように反応するようになっただけで、そこに生じている異常が改善されなければ、また、感覚神経が正しくない信号(=痛み)を感じ出すかもしれません。

 

でも、このツボ、色んなことに応用ができるのです。

 

股関節が硬い。正座がうまくできない。

 

 

こんな時に、いきなり、筋肉を伸ばしたり、関節を触る前に、ツボを使うと、そこを施術する必要がないまでになることもあります。

 

ただし、ツボも刺激する位置が悪いと反応しない。効果が弱いこともわかってきました。

 

 

ツボは500円玉ぐらいの大きさと言われています。

 

どうでしょうか?

 

皆さんはもう少し、小さいものを想像されていたかもしれませんね。

 

私もそうでした。

 

だって、あんなに小さな鍼で刺激するのですから、小さいと思います。

 

でも、その中のどこに打つのか?ここが大切です。

 

でも、何度も刺激していると、最大の反応を示す場所が徐々に判明してきました。

 

本当に刺激する場所が1mmずれると、効果が変わります!!!

 

 


お問い合わせは

080 ー 9248 ー 3543

メールは

contact@life-osteo.jp

Lineからでも友達申請して、予約していただけます。以下のホームページ上のQRLからどうぞ。その際、友だち追加だけでは、ご登録ができません。必ず、メッセージにて、お悩みの状況などを簡単にで結構ですので、送られてください。

上高橋オステオパシー整体院

院長  平生智昭