お尻が痛む。坐骨神経痛ですか? →小指です。

 

おはようございます。

 

今日は施術の話です。

 

以前から、症状が出ている部位。痛みのある部位への施術よりも、離れたところにある原因を施術する方が効果が高いという事を言っています。

 

今回もその内容なんですが、、、

 

最近発見したのですが、お尻の部分の痛み。

 

 

坐骨神経痛の方に多く見られます。

 

この部分の痛みですが、足の小指の関節部分に制限があり、そこを外すと、改善することが多いことがわかりました。

 

 

 

ほとんどの圧痛(押した時の痛み)が改善しています。

 

もう少し、研究を重ねないといけませんが、

 

小指の筋膜、骨膜が外側の筋膜ラインを介して、腸脛靭帯からお尻の臀筋群を刺激し続けることになっているのかもしれません。

 

よく壁や廊下で、小指を挟んだり、ぶつけたりすることはよくあると思います。

 

 

この時に、小指に何らかの制限を作っているのかもしれません。

 

当然すぐにお尻に症状を出すことはないでしょう。

 

ですが、確実に筋膜の繋がりを介して、この制限は全身に広がるでしょう。

 

気になる方は

 


お問い合わせは

080 ー 9248 ー 3543

メールは

contact@life-osteo.jp

Lineからでも友達申請して、予約していただけます。以下のホームページ上のQRLからどうぞ。その際、友だち追加だけでは、ご登録ができません。必ず、メッセージにて、お悩みの状況などを簡単にで結構ですので、送られてください。

上高橋オステオパシー整体院

院長  平生智昭