硬い体の原因は・・・・

おはようございます。

 

今日は体の柔らかさのお話です。

 

 

体はもちろん、柔らかい方が、症状が少ないです。

 

肩こり、腰痛、頭痛、、、、ほとんどの痛みに体の柔軟性が影響しています。

 

もちろん、大なり小なりはあるでしょう。

 

では、この柔軟性の大なり、小なりを決めているのはなんでしょう?

 

筋肉自身が硬い事は稀です。

 

 

火傷で、細胞が変性してしまったのは別として、、、

 

ほとんどは筋膜に制限が生じる事で、硬くなってしまいます。

 

これは筋膜の施術を獲得し、実践する事で、間違いない事に気付きました。

 

ところが、、、

 

その場ではゆるゆるになってしまった筋・筋膜、その部位の関節の動きなどが、、、

 

施術した翌日には全く元どおりの硬さに戻ることがあります。

 

 

筋・筋膜の施術をしたのに何故でしょう?

 

関節も動くようになったのに・・・

 

私も最初は筋膜の施術の技術不足では、、、

 

と思っていました。

 

もちろん、正確に筋膜の制限ヶ所がわかっていなかった時には、

 

その場所をとにかく探すことで、改善できる人がさらに増えました。

 

 

ただ、、、

 

それでも変化しない人が、稀にいます。

 

 

ここ3年ほどでその原因をより明確になってきたのですが、、、

 

おそらくは

 

神経、脳や脊髄、感覚受容器(熱い、冷たい、痛い、触られたと感じることができる神経)です。

 

 

※、感覚受容器を一般の方に説明するのは難しいです。

 

でも、当たりがつくと、施術する方法は色々あります。

 

すると、硬さの戻りが無くなる人がさらに減りました。

 

最近ではアロマを使います。

 

 

アロマをある場所に塗ると、びっくりするぐらい、強張りやこりが取れます。

 

もちろん、筋膜や関節の施術をする前の段階です。

 

あなたのこりの原因は何でしょう?

 

気になる方は、、、

 

 


お問い合わせは

080 ー 9248 ー 3543

メールは

contact@life-osteo.jp

Lineからでも友達申請して、予約していただけます。以下のホームページ上のQRLからどうぞ。その際、友だち追加だけでは、ご登録ができません。必ず、メッセージにて、お悩みの状況などを簡単にで結構ですので、送られてください。

上高橋オステオパシー整体院

院長  平生智昭