おすすめの本 論語

おはようございます。

 

今日はおすすめの本の紹介ですが、

 

実は、みなさんも知っている論語

 

 

良い本です。買いましょう!!

 

中学か高校の教科書で、必ず出てくると思います。

 

そこで、書かれている事を

 

紹介されているブログを発見し、

 

その内容にとても

 

惹かれたので、ご紹介したいと思います。

 

以下

https://www.pmaj.or.jp/online/1701/samurai.html#より

 

「宿命、運命、天命、使命」という言葉があります。

いろいろな捉え方があるようですが、

 

字義通りに解釈すると下記のようになります。

宿命(しゅくめい)とは、

 

「宿る命」「定められた(宿った)命」のことです。

生まれた場所、国、環境、時代、肉体など生まれ持って決まっているもので、変えることのできない、受け入れざるを得ないものです。前世からの反映ともいわれます。

運命(うんめい)とは、「運ばれる命」「命の運び方」のことです。

生まれたときから死ぬまでの運命は変えることができます。

 

自分の在り方、生き方、心の持ち方によって、人との出逢いも変わります。

 

人との出逢いで、自分の人生も変わってきます。

 

運命には様々な選択肢があり、コロコロと変わって行きます。

 

未来は白紙です。

 

その中での運と努力により、運命が決まって行きます。

 

天命(てんめい)とは、

 

「天から与えられる命」「天が命じた使命」のことです。

 

神との約束ともいえますが、一生をかけてやり遂げなければならない役割です。

 

しかし、天命を知ることは簡単ではありません。
使命(しめい)とは、「使う命」「命の使い方」のことです。

 

この世に誕生し、生きている間に、この命をどのように使うのかということです。

 

この使命は、究極的には「天命」を守るために使う命です。

 

人は、それぞれの宿命の下に生まれ、それぞれの運命を切り開き、それぞれの天命に近づきながら一生を終えることになります。

これをプロファイリングモデルに転写すると、下記のようになります。

 

 

 

 

 

 

 宿命=ありのままの姿

天命=あるべき姿

 運命=シナリオ

 

 使命=ミッション

 

従って人生ドラマは、

 

「宿命(ありのままの姿)」

 

「天命(あるべき姿)」

 

「運命(シナリオ)」、

 

そして「使命(ミッション)」の下に描かれる、

 

壮大なプログラム&プロジェクトマネジメント(P2M)と捉えることもできます。

 

ありのままの自分を受け入れ、

 

それぞれの人生をプロファイリングしながら、

 

自分らしい人生で輝かれますよう期待します。

 

吾れ十有五にして学に志す

三十にして立つ。 四十にして惑わず

五十にして天命を知る 六十にして耳順(みみした)がう

七十にして心の欲するところに従って、

矩(のり)を踰(こ)えず」(論語)

 

私は十五歳で学問を志した。

 

そして三十歳で一本立ちした。

 

四十歳であれこれと迷うことがなくなり、

 

五十歳になると天が命じたこの世での役割と

 

自らの限界を知った。

そして六十歳になったときには、

 

人の言葉を素直に聞けるようになった。

 

七十歳になると、自分の思い通りにふるまっても、

 

道に外れることはなくなった。

 

たまたまネットサーフィンの先で見つけたのが、

 

この文章でした。

 

ハッとしたので、載せておこうと、、、、

 

まだまだ1本だちしただけですので、

 

迷う事が多いこのところですが、、、

 

今日も迷いながらも頑張れたらと

 

 


お問い合わせは

080 ー 9248 ー 3543

メールは

contact@life-osteo.jp

Lineからでも友達申請して、予約していただけます。以下のホームページ上のQRLからどうぞ。その際、友だち追加だけでは、ご登録ができません。必ず、メッセージにて、お悩みの状況などを簡単にで結構ですので、送られてください。

上高橋オステオパシー整体院

院長  平生智昭