突破口は小指から、違います小趾から!!

おはようございます。

 

今日は臨床のお話です。

 

このところ、腰椎の患者さんが多いです。

 

梅雨にも入り、気圧が下がった影響でしょうか?

 

加えて、かなり暑くなっていますから、

 

汗をかけないと、熱が体にこもりますので、

 

放熱できず、炎症が慢性化してしまう方がいます。

 

みなさん、この辺のお話は後日しますね。

 

今日は、そんな中ですので、重症化しやすい。

 

あるいは、慢性化しやすい

 

あるいはもうしている方が多く来院されます。

 

ここ何日か、普段どお折りの施術を行いますが、、、、

 

症状が思ったように改善しません。

 

試行錯誤してみると、

 

小指に行きつきました。

 

小指は手ではありません。

 

小趾です。

 

 

そう!足の小指です。

 

ですが、写真のようにこんな風には

 

なっていません(😅)

 

わかりやすい写真だったので、、、、、

 

ですが、ここを施術すると、

 

大きく、症状が変わる方が多い!!!

 

以前はここの関節にテクニックを施す

 

事が多かったです。

 

かべにぶつけて、うぅぅぅ・・・

 

ってなる方は多いと思います。

 

足の小指の捻挫や突き指はほとんどの人

 

が持っている制限ですね。

 

ですが、、、、

 

このところアプローチはここの

 

関節や骨、靭帯ではありません。

 

実は、

 

 

これだったり、

 

 

ここだったりです。

 

足の筋肉?

 

と思われた方、、、、

 

違います。

 

実は、血管や神経です。

 

ここにアプローチすると、

 

かなり、症状が取れる方が多いです。

 

当たり前ですが、

 

当然、症状はここにはありません。

 

ほとんどが腰痛や肩こり、の方ですが、

 

寝違えやぎっくり腰も痛みだけでなく、

 

可動範囲も変化が出るのです。

 

全然、関係ないじゃない!!!

 

と思われた方、、、、実は、

 

血管は全身に張り巡らされています。

 

神経もそうです。

 

つまり、どこかの血管や神経を引っ張ると、

 

その張力は全身に及びます。

 

ホースの端を引っ張ると、

 

当然、蛇口の部分まで引っ張る力がかかると

 

思います。

 

ただし、通常は十分な余力がある状態で

 

ホースは伸ばすので、途中でたわんでいたりします。

 

ですので、伸ばす力が働いても、

 

たわみを伸ばすだけです。

 

ですが、このたわみが全くなくなった体の

 

状態だとどうでしょうか?

 

その力はダイレクトに色んな場所に伝わるのでは

 

ないでしょうか?

 

この現象を特に最近は強く感じます。

 

そして、たわみができると、不思議と

 

症状が和らぐ!!!

 

人によっては症状がなくなる人もいます。

 

説明が苦手な私の話を

 

一生懸命聞いてくれた人で、

 

この話を理解してくれた方は、

 

足趾の運動を積極的に行っていただき、

 

上手く、症状がとれた方が多いです。

 

もっと、説明が上手くできないといけませんね。。。

 

反省です。

 

 

たわみを作りたい方は、、、

 


お問い合わせは

080 ー 9248 ー 3543

メールは

contact@life-osteo.jp

Lineからでも友達申請して、予約していただけます。

ホームページ上のQRコードからどうぞ。

その際、友だち追加だけでは、ご登録ができません。

必ず、メッセージにて、お名前、お悩みの状況、希望の予約日などを簡単にで結構ですので、送られてください。

上高橋オステオパシー整体院

院長  平生智昭