症例紹介 薬がないと痛みなく動けない腰痛患者

 

おはようございます。

 

本日は症例報告です。

 

タイトルにあるような症例です。

 

症 例

50代女性

 

1ヶ月前から左腰、左股関節、左大腿部に痛み

 

左足部に痺れがある。

 

痛みどめを病院で処方され、内服中は

 

 

痛みがないが、飲まなくなると痛みが出る。

 

朝の痛みが特に強く、

 

安静の座位、立位、臥位でいずれも痛み。

 

腰椎の左回旋、伸展で痛みが出現および増強。

 

検査でひっかかったのが、右距骨下関節

 

左腎臓、後頭骨、肝臓、でした。

 

まず、パーカッションハンマーで左足部に

 

 

かかっている力をリリースしました。

 

さらに、距骨下関節を直接法でリリース

 

この時点で、圧痛は改善しました。

 

この時点では、左股関節の自動運動、他動運動で痛みがあります。

 

左大腿骨の骨頭位置がおかしいです。

 

そこで、左腎臓を検査すると、

 

圧痛と位置の下垂があります。

 

その場での水分摂取を行っていただき、

 

内臓マニピュレーションを行いました。

 

 

他動運動での痛みは改善しました。

 

この時点で、患者さんの持っている整体術への不安

 

もだいぶ腐食されました(😅)

 

続いて、肝臓の緊張が生じてきましたので、

 

右手の肝臓の反射点(ツボです)へアロマオイルを塗布

 

 

アロマタッチとローズマリーを用いました。

 

さらに、後頭骨の緊張が仙骨と連動しているようでした。

 

コアリンクの影響からでしょうか?

 

電磁波吸収チップを用いて、後頭骨をリリースしました。

 

すると、自動運動での痛みも改善しました。

 

だいぶ楽になったようですので、

 

治療と、来院時から動作をみていて、重心の使い方

 

いわゆる、癖を指摘し、対応する方法を指導しました。

 

気になったのは、

 

過去に、交通事故にあっているとのことで、

 

次回、交通事故の残存しているエネルギーを

 

とるような治療を施すようにするかもしれません。

 

また、皮膚の状態と腎臓の状態から、

 

乾燥肌が気になったので、

 

普段の水分の摂取量をお尋ねしたところ、、、

 

あまり飲めていないとのことでした。

 

仕事柄、難しいとのことですが、

 

以前のブログに書いたように

 

水分摂取は非常に重要で、

 

施術しなくても、その場で水を飲むだけで

 

とれる痛みもあります。

 

なるだけ、摂取していただくようにお願いしました。

 

 

これで、普段の生活、お仕事を体感していただいてから

 

またご来院をいただくようにお願いしました。

 

 

 


お問い合わせは

080 ー 9248 ー 3543

メールは

contact@life-osteo.jp

Lineからでも友達申請して、予約していただけます。以下のホームページ上のQRLからどうぞ。その際、友だち追加だけでは、ご登録ができません。必ず、メッセージにて、お悩みの状況などを簡単にで結構ですので、送られてください。

上高橋オステオパシー整体院

院長  平生智昭