腰部脊柱管狭窄症 

 

おはようございます。

 

今日は、当院を利用される患者さんが

 

日々悩まれている症状で1番多い腰痛。

 

その中でも、特に多い診断名が

 

腰部脊柱管狭窄症

 

です。この舌を噛んでしまいそうな

 

名前の病名ですが、まさに読んで字のごとし。

 

腰の脊柱管という場所が狭くなる病気です。

 

 

こんな感じです。

 

代表的な症状は以下の通りです。

 

①痛み  腰部、臀部、太もも(外側〜裏側)、ふくらはぎ、足

 

②シビレ 腰部、臀部、太もも(外側〜裏側)、ふくらはぎ、足

 

③間欠性跛行(=間欠性歩行とも言う。)

歩いていると、だんだんと足が上がらなくなる。

この時、痛みを感じる場合もあれば、シビレも、

あるいは、力だけが入らなくなる場合もある。

この症状は座って、休憩すると改善する。

 

この①〜③が代表的な症状でしょうか?

 

ですが、痛みはあまり強くは無い場合が多いです。

 

臨床でも、痛みはないけど、②、③がある。

 

という方がほとんどです。

 

では、どのくらいで歩けなくなる。

 

あるいは休憩したくなるのか?

 

色んな症例がありましたが、

 

軽症の方で、20〜30分、

 

重症の方で、5分と歩けない。

 

という傾向です。

 

従って、重症の方は、外出が困難な方もいます。

 

そんな方は、体が曲がった状態で

 

歩かれる方が多いです。

 

理由は、狭窄部位に負担をかけないのが、

 

前傾姿勢や座った姿勢なので、

 

あまりに症状が辛いと、その姿勢になってしまいます。

 

 

 

さらに進行すると、

 

④肛門周囲の火照りや排尿障害

 

⑤下半身の麻痺(片側や両側、狭窄部位による)

 

が生じてくる事もあります。

 

特に、⑤が生じてくると、

 

急いで手術となる事が多いです。

 

病院を受診してからの流れとしては、

 

 

診断は、問診から上記の①〜⑤の症状の有無。

 

それから、画像診断でMRIなどを撮影する事が多いようです。

 

そこで、確定診断となり、あとは

 

狭窄部位の状況や仕事などの環境因子を

 

考慮して、その後の治療プランが決まります。

 

血流を良くするために、リハビリテーションや

 

痛みを緩和するために、投薬治療やブロック注射

 

 

を行います。

 

さらに、重症の症例や、早期の社会復帰が

 

希望の方は、手術が行われます。

 

この腰部脊柱管狭窄症、

 

当院では、どのように施術するのか?

 

こちらのブログに書いています。

 

腰部脊柱管狭窄症に対してのオステオパシー

 

今日は腰部脊柱管狭窄症の症状について

 

まとめて見ました。

 

今後は、症例や施術報告だけでなく、

 

こう言った病気の紹介もしていきたいと思います。

 

 


 

お問い合わせ

お電話は  080 ー 9248 ー 3543

メールは   contact@life-osteo.jp

Lineからでも友達申請して、予約していただけます。

ホームページ上のQRコードからどうぞ。

その際、友だち追加だけでは、ご登録ができません。

必ず、メッセージにて、お名前、お悩みの状況、希望の予約日などを簡単にで結構ですので、送られてください。

Facebookのページはこちら

https://www.facebook.com/pages/category/Medical---Health/上高橋オステオパシー整体院Life-159955524672875/

Messengerにて、お問い合わせください。

上高橋オステオパシー整体院 Life

【住 所】〒860-0061

熊本県熊本市西区上高橋1-5-16-2

【アクセス】 熊本市三和中学校近く

【 院 長  】   平生 智昭