陰陽五行論の考え方で、、、日々を

おはようございます。

 

今日は臨床の話ではありますが、、、

 

自分自身の心構えの話でもあります。

 

 

陰陽五行論というのは、東洋医学の考え方にあるのですが、

 

世の中の事象は全て、陰陽五行に分けられる。

 

 

という論なのですが、、、

 

その中でも今回は私がなるほど!!!

 

と思ったものを紹介します。

 

それは陰陽の考え方です。

 

そもそも、陰陽を良いもの、悪いものとして考える

 

 

風潮があります。

 

しかしながら、陰陽論は良いもの、悪いものは同時に存在しています。

 

例えば、人の話を効かず、自分勝手にやるという性格

 

一見すると陰じゃないか?

 

悪いのでは?と考えがちですが、、、、

 

見方を変えます。

 

他人に流されず、自分の考えを貫き通して、行動するという性格

 

どうでしょうか?

 

良いものに見えませんでしょうか?

 

陽に、良いものに見えてきます。

 

つまり、陽の中にも陰があり、陰の中にも陽があります。

 

一見すると、痛みが強くてやりたい事ができない。

 

 

そう言った悩みの方もいます。

 

ですが、痛みを出す事で、無理をさせていないのかもしれません。

 

あるいは、痛いという事を周囲に発信する事で、、、

 

誰かに構ってもらえるという心理が働くかも・・・・

 

 

そして、

 

実は体としては、痛みで動けなくさせる事で、

 

休めています。

 

 

 

実は

 

 

となっているかもしれませんね。

 

そこを気づいて、

 

では、休まずに痛みも取れる方法は無いのか?

 

そこのバランスを探す。陰陽の調和をとるのが治療家だと

 

最近は考えるようになりました。

 

体の声と、その人の意志のバランスをとる!

 

私のテーマですね

 

 

 


お問い合わせは

080 ー 9248 ー 3543

メールは

contact@life-osteo.jp

Lineからでも友達申請して、予約していただけます。以下のホームページ上のQRLからどうぞ。その際、友だち追加だけでは、ご登録ができません。必ず、メッセージにて、お悩みの状況などを簡単にで結構ですので、送られてください。

上高橋オステオパシー整体院

院長  平生智昭