インナーマッスルとアウターマッスル②

おはようございます。

 

今日はトレーニングのお話の基礎

 

インナーマッスルとアウターマッスルについて

 

以前のブログで簡単に紹介はしましたが、

 

今日は少しだけ玄人向けです。

 

インナーマッスルは、別名「深層筋」(しんそうきん)と呼び、

 

体の深い部分、骨に近い部分にある筋肉のことを指します。

 

働きとしては、

 

1:骨や関節の動きを安定させ体のバランスをとる、

 

2:関節痛などの身体の痛みを解消するなどの重要な働きをする

 

3:美しい姿勢を作る働きもあます。

 

その為、「姿勢保持筋」(しせいほじきん)と呼ばれることもあります。

 

 

歩く、座る、立つなど日常の動作で

 

自然と鍛えることができるため、

 

アウターマッスルと比べれば

 

年齢とともに衰えにくいと言う特徴があります。

 

素晴らしい!!!

 

そして、一方の

 

アウターマッスルは

 

別名「表層筋」(ひょうそうきん)と呼び、

 

体の外側を覆うようにして付いている筋肉になります。

 

筋肉に負荷をかけるトレーニングをすることで、

 

自らの意志でサイズを大きくすることができ、

 

私達のボディラインの個性を作っています。

 

インナーマッスルと比べて容量も大きいため、

 

しっかり鍛えてあげることで

 

基礎代謝のアップにもつながり、

 

ダイエットに役立ちます。

 

また中年太りの予防・解消にも役立ち、

 

痩せやすく太りにくい体を作ります。

 

ぜひ、鍛えましょう!!!

 

特にアウターマッスルは

 

運動不足や加齢の影響を受け易く、

 

40代50代を超えると予想以上に低下して、

 

躓きやすくなる、 行動意欲が減退するなど

 

日常生活に悪影響及ぼすこともあります。

 

同時にたるみの元にもなり、

 

おばさん体型、おじさん体型

 

といったボディラインが崩れる原因にもなります。

 

 

意識的に鍛えなければどんどん衰えていってしまうため、

 

歳とともにしっかり鍛えたいのがアウターマッスルです。

 

 

インナーマッスルについてまとめると、

 

①基礎代謝が向上する。

 

インナーマッスルを鍛えることで、

 

身体の中心に近い筋肉に刺激を入れることができます。

 

つまり、

 

内臓周辺の筋肉が鍛えられることで内臓が安定し、

 

位置が下がってしまい低下した内臓機能を取り戻すことが可能となるのです。

 

その結果、

 

内臓は本来の機能である消化や吸収が活性化され、

 

結果的に消費エネルギーが増加し

 

基礎代謝の向上が期待できます。

 

姿勢やスタイルが改善される

 

インナーマッスルは「姿勢保持筋」とも呼ばれ、

 

鍛えることで姿勢やスタイルを改善する役割を持ちます。

 

普段の生活で

 

姿勢やバランスを意識するようなことがない人は、

 

腰や背中が曲がっていたり身体が傾いていたりと、

 

知らぬ間にどんどん歪んでしまっているかもしれません。

 

この身体の歪みを改善しないままトレーニングを行うと、

 

スタイルの改善ができないだけでなく、

 

偏った負荷がかかり怪我などに繋がってしまうのです。

 

インナーマッスルは関節を安定させて

 

身体のバランスをコントロールする筋肉です。

 

そのため、

 

トレーニングの中に

 

インナーマッスルトレーニングを組み込むことで、

 

歪みの少ないスタイルの良い身体を目指すことができます。

 

関節を安定させることができる

 

先ほども記述しましたが、

 

身体の軸を安定させないままトレーニングを行うと、

 

怪我や故障のリスクが飛躍的に上昇してしまいます。

 

関節部分を保護し安定させる役割を持つインナーマッスルは、

 

バランスよく鍛えることで関節を正常な位置に整えます。

 

怪我のリスクを下げることはもちろん、

 

筋肉同士の伝達スピードも上昇するため、

 

鍛えたい部位を効果的に鍛えることができるのです。

 

アウターマッスルばかりを鍛えている人ほど、

 

インナーマッスルを鍛える必要があるということですね。

 

④アウターマッスルの基礎を作ることができる

 

前述しましたが、

 

インナーマッスルは大胸筋や腹筋(腹直筋など)、

 

広背筋といった大きな筋肉である

 

アウターマッスルの動きをサポートする役割を持ちます。

 

また、インナーマッスルを強化し、

 

関節の円滑な運動が行えるようになると、

 

骨が正しい位置に戻り関節がスムーズに動くので、

 

アウターマッスルのポテンシャルを十分に発揮できます。

 

このように、

 

インナーマッスルを鍛えることで

 

アウターマッスルのポテンシャルも最大限発揮されるため、

 

「インナーマッスル→アウターマッスル」という順番で

 

トレーニングを行うとより効果が出ると言えますね。

 

プロのアスリートが

 

インナーマッスルを鍛えることを重視しているのには

 

このような理由があります。

 

さぁトレーニングを開始しましょう。

 

 


お問い合わせ

お電話は  080 ー 9248 ー 3543

出ない場合は着信のみ、あるいは留守電にメッセージを残されてください。
必ず折り返し、お電話いたします。

メールは   contact@life-osteo.jp

Lineからでも友達申請して、予約していただけます。

ホームページ上のQRコードからどうぞ。

その際、友だち追加だけでは、ご登録ができません。

必ず、メッセージにて、お名前、お悩みの状況、希望の予約日などを簡単にで結構ですので、送られてください。

Facebookのページはこちら

https://www.facebook.com/pages/category/Medical---Health/上高橋オステオパシー整体院Life-159955524672875/

Messengerにて、お問い合わせください。

上高橋オステオパシー整体院 Life

【住 所】〒860-0061

熊本県熊本市西区上高橋1-5-16-2

【アクセス】 熊本市三和中学校近く、川沿いの道に面しています。

Google マップなどで検索されると分かりやすいです。

【 院 長  】   平生 智昭