呼吸が止まる

 

おはようございます。

 

今日は呼吸についてのお話です。

 

そして、オステオパシーでいうところの1次呼吸のお話ではありません。

 

2次呼吸のお話です。

 

 

呼吸は生命を維持するためにとても重要です。

 

一般的には、酸素と二酸化炭素の交換を行っています。

 

 

ただ、呼吸にはもっと他にも重要な役割があると考えています。

 

特にセラピーを行う時にそれを感じます。

 

検査をする時に、歩行を見たり、関節を動かしてもらったりします。

 

その時、1回目、2回目と動いてもらう時に、とてもぎこちない(笑)

 

おそらく、何を見ているんだろうという緊張があるのでしょう。

 

そして、この時、呼吸を止めている患者が非常に多いです。

 

そして、それに気づいていない!!!

 

これはまた別の身体部位からの影響もありますが、これでは正確な検査ができません。

 

 

これを指標にしてしまうと、施術後は必ず変化していることになります。

 

だって、最初から緊張した状態で検査しているから、、、、

 

これを考慮した上で、緊張が何から生じているかを考えて、検査をしないといけません。

 

ダブルチェックをしたり、検査前に深呼吸を意図的にやってもらったりすると、正確性が増します。

 

もしくは、当院のようにカウンセリング(問診)の時間をきちんとおく。

 

 

という事が有効です。

 

皆さんは検査前に聴いてますか? 聴かれていますか?

 

まさか、いきなり、横になっていませんか?

 


お問い合わせは

080 ー 9248 ー 3543

メールは

contact@life-osteo.jp

Lineからでも友達申請して、予約していただけます。以下のホームページ上のQRLからどうぞ。その際、友だち追加だけでは、ご登録ができません。必ず、メッセージにて、お悩みの状況などを簡単にで結構ですので、送られてください。

上高橋オステオパシー整体院

院長  平生智昭