脾臓について

 

おはようございます。

 

今日はタイトルにあるように

 

脾臓について書こうと思うます。

 

理由は、最近、特にひっかかる事が

 

多いからなんですが、

 

花粉症が影響しているのか?

 

 

まずは、脾臓の位置から

 

 

プロメテウス 解剖学から。良書です。

 

買いましょう。

 

体の奥底にある臓器です。

 

場所は、胃の裏側で、膵臓の膵尾の先に

 

高さは左の第9〜11肋骨の間にあります。

 

 

こちらもプロメテウス解剖学から

 

脾臓の大きさは長さ12cm、幅7.5cm、厚さ5cm程度で、

 

腎臓のようなソラマメに似た形をしている。

 

重量は100~200g程度

 

Wikipediaから

 

機能としては、

 

1:増血機能

胎生期に主に行うが、生後も大量出血や

骨髄の機能が低下したときに、増血を行う。

 

2:免疫機能

Bリンパ球、Tリンパ球の形成と成熟。

脾臓の摘出術を行なった場合、感染症に

なった場合に重篤化しやすい。

 

3:血球の破壊

古くなった赤血球を破壊する。

その際に、鉄を回収する。

 

4:血液の貯蔵

血液を貯蔵しておいて、必要な時に出す。

 

これだけ見てみると、

 

かなり重要な役割を担っています。

 

この脾臓を理解した上で、

 

時々疑問に思うことがあるのですが、

 

脾臓が大きくなると(脾腫)、

 

赤血球や血小板を大量に保持してしまいます。

 

そうなると、貧血などの問題が生じるとので、

 

脾臓摘出術が行われるそうです。

 

そうすると、適切な量の赤血球の数が

 

供給されるので、貧血は改善されます。

 

ですが、その後の免疫機能の低下などは

 

どうするのでしょうか?

 

造血機能ばかりが取り上げられ、

 

免疫機関として認識されていないようです。

 

しかしながら、感染症が注目されている

 

この時代ですので、免疫機能が再認識されるかも

 

しれません。

 

また、脾腫は多くの場合は、肝臓の機能の低下と

 

連動していることがあるようです。

 

やはり、原因を考えずに、摘出とするのは、

 

少し怖い気がします。

 

まぁ、貧血の状態があまりにひどいようなら、

 

もしくは、鉄の吸収が上手くいかないのであれば、

 

検討されてもいいのでしょうが。。。。

 

この部分のマニピュレーションは

 

非常に難しいです。

 

何故なら?

 

体の奥底にあります。

 

腸などと比べ、なんでこんなにも

 

触知しにくいのか?

 

それだけ大切な臓器だから、

 

と考えるのは、私だけでしょうか?

 


 

お問い合わせ

お電話は  080 ー 9248 ー 3543

出ない場合は着信のみ、あるいは留守電にメッセージを残されてください。
必ず折り返し、お電話いたします。

メールは   contact@life-osteo.jp

Lineからでも友達申請して、予約していただけます。

ホームページ上のQRコードからどうぞ。

その際、友だち追加だけでは、ご登録ができません。

必ず、メッセージにて、お名前、お悩みの状況、希望の予約日などを簡単にで結構ですので、送られてください。

Facebookのページはこちら

https://www.facebook.com/pages/category/Medical---Health/上高橋オステオパシー整体院Life-159955524672875/

Messengerにて、お問い合わせください。

Instagramはこちら

https://www.instagram.com/life.seitai/

メッセージを送られて下さい。

上高橋オステオパシー整体院 Life

【住 所】〒860-0061

熊本県熊本市西区上高橋1-5-16-2

【アクセス】 熊本市三和中学校近く、川沿いの道に面しています。

Google マップなどで検索されると分かりやすいです。

【 院 長  】   平生 智昭

#熊本市 #西区 #整体

#高橋 #上高橋 #オステオパシー

#完全予約制 #骨盤調整 #全身調整 

#コンディショニング #骨格矯正

#夜10時まで #駐車場2台完備 #筋膜

#リンパ #姿勢改善 #妊婦 #こども対応

#スポーツ 

#脾臓

#内臓マニピュレーション