腰ですか? いいえ、膝からですね

おはようございます。

 

本日は施術のお話です。

 

先日、ご来院いただいた症例です。

 

50代の男性 、長引く腰痛で悩んでいらっしゃいました。

 

色んなマッサージや病院で電気治療や投薬治療を受けてきたようです。

 

 

ところが、変化なく、楽にはなるが、その場でも取り切れる事はないとのことでした。

 

 

早速、体を診てみますと、骨盤や肩甲骨、側頭骨の高さが左右で異なります。

 

この時点で、非常に困難な事がわかります。

 

膜の触診と筋肉反射テストで出たのはなんと膝の制限でした。

 

膝には実は3つの関節があります。

 

 

一般的にレントゲンで指摘されるのは、いわゆる膝関節の大腿脛骨関節ですが、検査で引っかかったのは、上脛腓関節でした。

 

 

メジャーな場所ではないですが、ふくらはぎにある2つの骨の位置を調整している重要な場所です。

 

 

制限を外すと、驚くほど症状が改善しました。

 

 

患者さんも驚かれていました。

 

予想としては、膝関節の動きに制限がきて(動きずらくなり・・・)、腰が過剰に動くようになったのかもしれません・・・

 

気になる方は

 


お問い合わせは

080 ー 9248 ー 3543

メールは

contact@life-osteo.jp

Lineからでも友達申請して、予約していただけます。以下のホームページ上のQRLからどうぞ。その際、友だち追加だけでは、ご登録ができません。必ず、メッセージにて、お悩みの状況などを簡単にで結構ですので、送られてください。

上高橋オステオパシー整体院

院長  平生智昭