爪で見る健康②

おはようございます。

 

前回に引き続き、爪の健康についてです。

 

こちらのサイトからご紹介しています。

 

https://japanese.mercola.com/sites/articles/archive/2017/10/23/10-爪-症状.aspx?cid_source=facebook&cid_medium=social&cid=facebookmercolajp&cid_content=ranart_20200221&fbclid=IwAR09HrfAB291TUuoM2NdSWc1o9kiu3qEszDagrz5dpTo85sCumd3Hcnbr58

 

さぁ、続きです。

 

6:縦筋

 

 

縦筋は通常の場合は老化の正常な兆候であり、

 

心配する必要ありません。

 

縦筋は加齢に伴いはっきりしてくる場合があります。

 

場合によっては、爪の筋はビタミンB12や

 

マグネシウムを含む栄養不足が原因である場合が多いです。

 

これは安心ですが、栄養素がやはりここでも影響していますね。

 

7:スプーン状の爪

 

 

縁が上へ向く爪で、スプーンのような形に見えますが、

 

これは鉄欠乏貧血症、ヘモクロマトーシス(血色素症、鉄分の過剰な吸収)、

 

心臓病、甲状腺機能低下によることが考えられます。

 

これは、重要なサインです。

 

爪から、循環器の状態が読み取れる。

 

大切な体からのメッセージでしょう。

 

8:穴あき

 

これは写真ではよくわからなかったのですが、

 

爪に多くの穴やノッチが現れた場合は

 

乾癬によることがしばしばあります。

 

爪の穴は結合組織障害(ライター症候群を含む)

 

や円形脱毛(脱毛につながる自己免疫性疾患)

 

によることも考えられます。

 

あまり、頻度が多くはなさそうですね。

 

9:濃い色に色落ち

 

 

黒い筋や痛みを伴う爪の伸びは

 

最も致死率が高い皮膚がんである黒色腫による

 

可能性が高いので、直ちに医者へ直行です。

 

これは見逃せません。生命に関わりますので、

 

事前に知識として必ず知っておきたいところです。

 

10:ピンク色の筋を伴う爪の白色化

 

 

爪の先がしょっちゅう

 

細いピンクの筋のついた

 

ほぼ全面白の状態になっている

 

(テリーの爪という症状)場合、

 

肝臓病、うっ血性心不全、じん不全や糖尿病の疑いがあります。

 

テリーの爪はときとしては加齢に伴って生じることがあります。

 

判断が難しいところなので、血液検査の結果などと

 

合わせての判断なのでしょうね。

 

でもこの兆候は知っていて良さそうです。

 

だいぶ説明してきました。

 

たかが爪と思うと、大変な兆候を見逃しそうです。

 

次回は爪についての最後になります。

 

 

 


お問い合わせは

080 ー 9248 ー 3543

メールは

contact@life-osteo.jp

Lineからでも友達申請して、予約していただけます。

ホームページ上のQRコードからどうぞ。

その際、友だち追加だけでは、ご登録ができません。

必ず、メッセージにて、お名前、お悩みの状況、希望の予約日などを簡単にで結構ですので、送られてください。

上高橋オステオパシー整体院

院長  平生智昭